2015年01月10日

そろそろブログのサーバを引っ越そうと思っています  【せい】  

 そろそろ、このブログを借りているサーバの容量がいっぱいになります。
 100MBまで無料で借りられるのですが、既に95MBです。
 平行して新しいところも借りてあります。ここの記事と同じことをコピーしています。

 イベントで写真をあげることが多かったので、容量もいっぱいになるのでしょう。
 次にと借りているところは、月々の最大容量はありますが、基本的に月がかわればまた大量に写真を載せても大丈夫です。
 まだ自分しか投稿するための方法を知らないので、そろそろハウスのPCでも自由に書けるように設定しておきたいと思います。
 
 それと新年度から「温もりの会」のHPを更新したいと思っています。HP制作の経験があったり、独学でも知識のある方が会員の中にいらっしゃったら、お手伝い願いたいです。
 よろしくお願いします。
posted by nukumori at 20:38| 新潟 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

勝ち負けを問わない勝負って……

 常に勝負とゆうものには勝ち負けがつきものですが、負ける人の条件があります。
 それはイチかバチか勝負を挑んでみようかとゆうてあいの人です。
 では、勝負に勝つ人はどうゆう条件を整えてるか? まず、己を知り相手を知り策をねり、勝つ見こみが成立したときに機をとらえて動き出す。これが必勝の法に思われます。
 この必勝の法に対抗するには参考にするのが
  <徒然草第百十段>
 双六の上手といひし人に、そのてだてを問ひ侍りしかば、「勝たむと打つべからず。負けじと打つべきなり。いづれの手がはやく負けぬべきと案じて、その手をつかはずして一めなりとも、おそく負くべき手につくべし」といふ。道を知れる強、身を治め、国を保たむ道もまたしかなり。
 どうゆう勝負の法かとゆうと、かいつまむと、まず相手に豆ない手だてを考えてどうなれば自分が負けてしまうかを案じ、自分が負けぬように相手の攻撃を封印していって自分が相手よりも長い間戦えるように戦術をねる。その結果相手を制圧して打ち負かす。
 不敗の勝負の打ち方と言えると思います。
 では、必勝でも不敗でも相手に勝てば良いのでしょうか? と考えさせられる言葉があります。それは<百選百勝は真の善にあらず。戦わずに勝つことこそ真の善なり>。
 また、ベストキッドとゆう映画でこんなセリフがありました。<最高の戦いとは戦わないことだ>
 格闘技は、心と体のコミュニケーションとも言います。とゆうことは、自分の心と体のことばかりではなく、戦う相手の心と体の事も考え、相手をリスペクトして、自分に厳しくふるまう。そして、互いに和合して互いに上達を願うような戦い方なんて戦いが理想かな? と思うボクでした。

     T・N
posted by nukumori at 22:30| 新潟 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする